コンテンツへスキップ

クレジットカードの審査は過去も対象に

クレジットカードの審査では、自身の収入などが審査対象となります。これはほとんどの金融機関でも同じですが、加えて過去も審査対象となることはご存知でしょうか。過去の信用も、クレジットカードでは重視されるのです。

例えば、過去キャッシングで返済を滞納してしまった、カード破産をしてしまった、というような特殊な過去を経て申し込んでいる方は、その情報が残っていることも考慮しなくてはなりません。一定期間経過すれば無くなるとはいえ、しばらく情報が残っていることは当然不利に働きます。

仮に、トラブルを起こしたのとは別の金融機関でクレジットカードを申請していたとしても、その情報は共有されているため注意が必要です。

昨今のクレジットカードは、特典旅行など魅力的なサービスが様々な形で展開されています。しかし、魅力的なクレジットカードほど審査が厳しいこともまた、考えられる可能性の一つなのです。そのような経験がなくても、今後のカード利用では十分に注意しましょう。