コンテンツへスキップ

この前、親戚が最近はまっているという“SBI債”という、
いわゆる社債を購入することで投資をし
利益を得る方法を知りました。

住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査
親戚から話を詳しく聞いていて、
えっこれだけでお金を稼げるの!?と思ったので、
少しご紹介したいと思います。

SBI債とは、その名の通り
SBIホールディングス株式会社が発行する
個人向け社債のことです。

ではもっと原点に返って、社債とは何かと考えると、

私たち投資する側から見れば
企業の資金調達のために、前述の株式会社などを通じて
発行された社債を購入します。

これについてはあらかじめ運用期間、満期日、
年率などが決められていて、

満期日まで待てば購入した債券にかかった費用と
その利息が返ってくるという、それだけの単純な仕組みです。

ちなみに運用期間は短め、年率は高めという、
なかなか好物件のようですね。

続いてどうやってこれを購入するかですが、
私が「こんなにシンプルな手続きで投資できてお金を稼げるんだ」と
驚いたのが皆さんに伝わればいいなぁ、と思いながら
以下に書き綴ってみます。

まず、SBI証券の口座を開設します。

ここに私たちのお金を移し、これが投資資金となるので
口座開設という手順が真っ先に来るのも頷けますよね。

とはいっても、銀行の普通口座を作るのと
ほとんど変わらない手順のようですが。

それで、ホームページからログインできるようになるので、
メッセージボックスに届く重要なお知らせなどを
チェックしたり、添付ファイルを読んだりして準備をします。

そしてSBI証券からメールで販売開始のアナウンスがあれば、
購入の手続きをすることになります。

と、これだけなのです。

思ったより簡単ですよね。

家にいながら資金を転がして儲けるって、憧れなんですよ。

そこまでいけるかは分からないにしても
これからやってみたいと思っています!

高速道路を利用するとなると、スピードと正確性が求められます。まず料金所では、スピードが求められる事は多いですね。特に料金所が混雑していると、できるだけスピーディーに支払うべきでしょう。後続車が混雑してしまうからです。また正確性も大事です。お金に関する支払い等は、やはり正確に行いたいものですね。etcカードには、そのスピードと正確さに関するメリットがあるのです。どちらの意味でも、非常に便利なのですね。

と言うのもそのカードには、無線通信装置という機能があります。遠隔システムを採用しているので、まず非常に正確なお金のやり取りが可能なのですね。また決済も非常にスピーディーです。ですので高速道路を使うならば、そのカードのメリットは非常に大きいでしょう。

またそのカードは、宿泊の支払いの為に用いられる事もあります。宿泊料金でポイントが蓄積できるメリットも大きいですね。ですのでドライバーの方々は、etcカードを保有している事は大変多いです。

フリーターではクレジットカードを作りたくても、審査が通らず使うことができないのではないかと思っている人はいるかと思いますが、フリーターでも使うことができるところはあります。ただし、クレジットカードを使ってちゃんと金額を支払うことができる人でなければ、当然のことながら使うことができません。確かに正社員として働いている人に比べますと、審査に通る可能性は低くなり、何社も審査を受けていても通らないと言う人は多く、審査が通りづらいことは確かなことであります。

ではどうすれば審査を通すことができるのかと言いますと、まず、アルバイト期間が短ければ審査を通すのは厳しいと言われております。なので、最低1年くらいは働いているところを続ける必要があるかもしれません。ただし、作ることができるカード会社と作ることができないカード会社とがありますので、そこは自分で調べなければなりません。しかし、フリーターが審査に通りにくいと言うことは事実なことでありまして、どうしても審査に通らなければ、デビットカードを作って利用する方法もあります。

カード会社によってはデビットカードの面にクレジットカードのロゴマークがついているものがあり、クレジットカードのように利用することができるものも存在しております。海外ではデビットカードを使って買い物ができるところも多くありますので、もし、審査がどこも通らず最終手段としてででの選択肢として入れておくと良いかと思います。

クレジットカードの審査では、自身の収入などが審査対象となります。これはほとんどの金融機関でも同じですが、加えて過去も審査対象となることはご存知でしょうか。過去の信用も、クレジットカードでは重視されるのです。

例えば、過去キャッシングで返済を滞納してしまった、カード破産をしてしまった、というような特殊な過去を経て申し込んでいる方は、その情報が残っていることも考慮しなくてはなりません。一定期間経過すれば無くなるとはいえ、しばらく情報が残っていることは当然不利に働きます。

仮に、トラブルを起こしたのとは別の金融機関でクレジットカードを申請していたとしても、その情報は共有されているため注意が必要です。

昨今のクレジットカードは、特典旅行など魅力的なサービスが様々な形で展開されています。しかし、魅力的なクレジットカードほど審査が厳しいこともまた、考えられる可能性の一つなのです。そのような経験がなくても、今後のカード利用では十分に注意しましょう。

高速道路など有料道路を出入りする際にノンストップでスムーズに通過でき、料金所で煩わしい思いをしなくてすむETCカード。渋滞も解消できるメリットもありますし、曜日や時間帯・割引区間などに応じて利用料金が最大50%割引になったり、マイレージポイントが貯まったりといろいろメリットも多いですから、高速道路を使うことが多いのでしたら、ぜひETCカードはもっているべきですね。

このようにメリットがたくさんあるETCカード、無料年会費で作ることは可能でしょうか。 たいていのETCカードは年会費が必要です。しかし費用をなるべくかけずに作りたいという場合、どうしたらよいのでしょうか。 そもそも、ETCカードはクレジットカードの追加カードという位置づけです。

現在クレジットカードを所有している場合、そのカードでETCカードを申し込むのが一番の近道です。しかし、申し込むカードが年会費は必要必要だった場合は、そのカードで作るのはあきらめ、ETCカードが無料年会費のカード会社を探して、新たにクレジットカードとともに申し込むことになります。

また、クレジットカードを持っていない場合も、ETCカードが無料年会費のカード会社を探しましょう。主なカード会社は、セゾンカード、VIASOカード、三井住友VISAデビュープラスカードなどがあります。 クレジットカードを発行する会社によって、クレジットカードの年会費は無料でも、ETCカードの年会費は必要なケース、初年度は無料でも翌年からかかるケースなど様々です。 インターネットの比較サイトなどを参考に、よく研究してカードを作りましょう。