家を買うときに考慮すべき3つのポイント

住宅ローンは金利以外の付加価値での競争が高まっている

昨今、住宅ローンを扱う金融機関が多くなりました。メガバンク、信託銀行、ネット銀行、その他金融機関でも様々な住宅ローン商品が売り出されています。住宅ローンを選ぶ私たちの立場では、金利以外の付加価値も住宅ローンを選ぶ際のポイントとなっています。

例えば、各金融機関が最近では通常の団体信用生命保険に加え、大疾病に対する補償を受け加えたりなど、金利以外の面での付加価値を競う時代になってきています。

また、細かいところですが、繰り上げ返済などがインターネットやATMから手軽にできるなどの利便性も求められています。

例えば、ネット銀行でも人気を高めている住信SBIネット銀行( ⇒ 住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査 )では、低金利に加えて、団体信用生命保険に加え8大疾病の保証を付けることで付加価値を高めています。繰り上げ返済も1円単位から、かつ手数料が無料などお手軽に繰り上げ返済ができる利便性もあります。

また、最近ではネット銀行にも関わらず、対面でのサービスも開始しており、顧客へのフォローなどの充実を図っています。住宅ローンを提供する金融機関では、金利以外の側面での競争が激しくなってきているため、
利用者の私たちにとってはさらなる利便性の向上や選択の幅が広がっていくことでしょう。

初めての住宅ローンは銀行窓口へ相談

物件購入を考えて、住宅ローンで融資を受けようとされている方は、みな少しでもお得に借り入れたいと考えています。しかし、初めて住宅ローンの融資を受けようとする方は、実際に何がお得なのか、金融機関ごとの特徴や仕組みを理解せず、金利だけで判断してしまい勝ちです。

各金融機関は、顧客の囲い込みのためにあれもこれもと良いことを公告してアピールをしています。そのため、デメリットなどのマイナス側面が見えず、いざ借りたら、思っていたのと違ったとか希望の融資額を受けられなかったとか色々な問題が発生します。

そこで、お薦めなのが銀行の窓口でやっている住宅ローン相談などに行って情報収集をすることです。銀行に行ったら押し売りされるやいいことしか言わないだろうと考える方もいますが、そこが違います。

確かに銀行窓口なので当行の住宅ローンを使ってくださいなどと営業はありますが、ここはスルー。あくまでも情報収集に徹してください。なぜ窓口がいいかというと、そのような相談窓口専用で短時間勤務されているおば様などが対応されているということです。

仕事としてやっているが、そういう方は、商品を売るというよりも、詳しく説明して理解してもらうことだけに注力しており、こちらからの相談に真摯に対応してくれます。また、物件予算が適切か、希望の借入額を得るにはどうするか、火災保険は当行より他を選んだ方がいいとかいろいろシミュレーションをかねやってくれます。

そうすると必然と住宅ローンについての理解が深まり、必然とご自身が利用したい住宅ローンが決まるでしょう。

 

サラリーマンの住宅ローン控除の申請は一度でOK

東京オリンピックが決まり、不動産業界は価格高騰などから活気づいています。都内もでも新築マンションの建設や再開発などが次々行われています。さて住宅を購入すると、大半の人が住宅ローンを利用します。

住宅ローンを利用すると一定の要件を満たすことにより住宅ローン控除が最大10年間受けることができます。住宅ローン控除を利用する方は増えていると思いますが、どのように申請をしたらいいのでしょう。特に、普段確定申告をしていないサラリーマンなどは、会社で年末調整をしてくれるというラクなやり方をしているのでこのあたりはあまりわかっていない方が多いのではないでしょうか。

住宅ローン控除を申請する場合、サラリーマンなど会社で年末調整をされている方は、初年度の一度のみ、管轄の税務署に申請を行えば問題ありません。何度も年末調整事に行かなくてよいということになります。このあたりは、サラリーマンは手続きが一度だけでラクでよいですね。

細かい申請方法などは税務署のホームページなどで確認ができますが、見てもあまりわからない方は、身近で住宅ローン控除を利用されている方の体験談をきき、やり方を教えてもらいましょう。

スピードと正確性に特長があるカード

高速道路を利用するとなると、スピードと正確性が求められます。まず料金所では、スピードが求められる事は多いですね。特に料金所が混雑していると、できるだけスピーディーに支払うべきでしょう。後続車が混雑してしまうからです。また正確性も大事です。お金に関する支払い等は、やはり正確に行いたいものですね。etcカードには、そのスピードと正確さに関するメリットがあるのです。どちらの意味でも、非常に便利なのですね。

と言うのもそのカードには、無線通信装置という機能があります。遠隔システムを採用しているので、まず非常に正確なお金のやり取りが可能なのですね。また決済も非常にスピーディーです。ですので高速道路を使うならば、そのカードのメリットは非常に大きいでしょう。

またそのカードは、宿泊の支払いの為に用いられる事もあります。宿泊料金でポイントが蓄積できるメリットも大きいですね。ですのでドライバーの方々は、etcカードを保有している事は大変多いです。

クレジットカードの審査

フリーターはクレジットカードの審査が通過しにくいです

フリーターではクレジットカードを作りたくても、審査が通らず使うことができないのではないかと思っている人はいるかと思いますが、フリーターでも使うことができるところはあります。ただし、クレジットカードを使ってちゃんと金額を支払うことができる人でなければ、当然のことながら使うことができません。確かに正社員として働いている人に比べますと、審査に通る可能性は低くなり、何社も審査を受けていても通らないと言う人は多く、審査が通りづらいことは確かなことであります。

ではどうすれば審査を通すことができるのかと言いますと、まず、アルバイト期間が短ければ審査を通すのは厳しいと言われております。なので、最低1年くらいは働いているところを続ける必要があるかもしれません。ただし、作ることができるカード会社と作ることができないカード会社とがありますので、そこは自分で調べなければなりません。しかし、フリーターが審査に通りにくいと言うことは事実なことでありまして、どうしても審査に通らなければ、デビットカードを作って利用する方法もあります。

カード会社によってはデビットカードの面にクレジットカードのロゴマークがついているものがあり、クレジットカードのように利用することができるものも存在しております。海外ではデビットカードを使って買い物ができるところも多くありますので、もし、審査がどこも通らず最終手段としてででの選択肢として入れておくと良いかと思います。

クレジットカードの審査は過去も対象に

クレジットカードの審査では、自身の収入などが審査対象となります。これはほとんどの金融機関でも同じですが、加えて過去も審査対象となることはご存知でしょうか。過去の信用も、クレジットカードでは重視されるのです。
例えば、過去キャッシングで返済を滞納してしまった、カード破産をしてしまった、というような特殊な過去を経て申し込んでいる方は、その情報が残っていることも考慮しなくてはなりません。一定期間経過すれば無くなるとはいえ、しばらく情報が残っていることは当然不利に働きます。

仮に、トラブルを起こしたのとは別の金融機関でクレジットカードを申請していたとしても、その情報は共有されているため注意が必要です。

昨今のクレジットカードは、特典旅行など魅力的なサービスが様々な形で展開されています。しかし、魅力的なクレジットカードほど審査が厳しいこともまた、考えられる可能性の一つなのです。そのような経験がなくても、今後のカード利用では十分に注意しましょう。

ETCカードを無料年会費で作る

高速道路など有料道路を出入りする際にノンストップでスムーズに通過でき、料金所で煩わしい思いをしなくてすむETCカード。渋滞も解消できるメリットもありますし、曜日や時間帯・割引区間などに応じて利用料金が最大50%割引になったり、マイレージポイントが貯まったりといろいろメリットも多いですから、高速道路を使うことが多いのでしたら、ぜひETCカードはもっているべきですね。

このようにメリットがたくさんあるETCカード、無料年会費で作ることは可能でしょうか。 たいていのETCカードは年会費が必要です。しかし費用をなるべくかけずに作りたいという場合、どうしたらよいのでしょうか。 そもそも、ETCカードはクレジットカードの追加カードという位置づけです。

現在クレジットカードを所有している場合、そのカードでETCカードを申し込むのが一番の近道です。しかし、申し込むカードが年会費は必要必要だった場合は、そのカードで作るのはあきらめ、ETCカードが無料年会費のカード会社を探して、新たにクレジットカードとともに申し込むことになります。

また、クレジットカードを持っていない場合も、ETCカードが無料年会費のカード会社を探しましょう。主なカード会社は、セゾンカード、VIASOカード、三井住友VISAデビュープラスカードなどがあります。 クレジットカードを発行する会社によって、クレジットカードの年会費は無料でも、ETCカードの年会費は必要なケース、初年度は無料でも翌年からかかるケースなど様々です。 インターネットの比較サイトなどを参考に、よく研究してカードを作りましょう。